互換インクと純正インクの違いやメリットなど。

プリンターを使用しているご家庭なら必ず購入している「インク」。
インクには主に、”純正インク”と”互換インク”の2種類があり、違いを理解しておく必要があります。

純正インクはその名のとおりプリンターメーカーが製造している純正のインクのことです。
互換インクとは、プリンターメーカーが製造していないインクになりますが、新品です。
比較対象として、”リサイクルインク”は使用済みの純正インクのカートリッジにインクを再充填したもので、中古品という認識になります。インクの種類には、このような違いがあり、メリット・デメリットがあります。

互換インクのメリットとしては、

・単価が安いこと
純正インクは非常に高額であるのに対し、互換インクは格安で販売されています。
そのため、コストパフォーマンスが良いです。
・純正インクと同等レベルの印刷品質がある互換インクもある
純正インクに負けず劣らずの印刷品質の互換インクがあり、わざわざ高額な純正インクを買わなくても良いと思う人も少なくありません。
・容量が多く入った互換インクもある
カートリッジが純正インクと異なる仕様のため、インクが多く入っているものがあります。
が挙げられます。

一方で、デメリットとして
・トラブルが発生した際はメーカー保障を受けられない可能性がある
プリンターメーカーは純正インクを使用した場合のみのメーカー保障を謳っているところが多いため、自己責任で互換インクを使用しなければなりません。

This entry was posted in パソコン. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>